有名人のブログを集めてみました。載せて欲しい有名人がおられましたらコメ欄に書いてくださいませ。早急に調べて載せたいと思います。応援の拍手、ありがとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黛ジュンのサイト 「黛ジュンオフィシャルサイト」

黛ジュン

img_608483_52959432_0.jpg MW-W93-2776.jpg

黛 ジュン(まゆずみ じゅん 1948年5月26日 - )は、歌手女優。東京都調布市出身。本名は、渡邊 順子。1960年代を中心に、独特のパンチの効いた魅力的な歌声でヒットを飛ばし、現在も活躍している歌手である。実兄は作曲家の三木たかし。

概略

中学卒業後、本名で各地の米軍キャンプにジャズ歌手として巡る。

1964年に渡辺順子の名でデビューもヒットせず、1967年に石原プロモーションに移籍すると共に、黛ジュンと改名し、東芝音楽工業から「恋のハレルヤ」で再デビュー。ミニスカートと共に、パンチの効いた歌声で、一気に注目を集める。

1968年にリリースされた「天使の誘惑」はさらに大ヒットとなり、その年の第10回日本レコード大賞に輝いた。1967年から1968年の2年間で、レコード売上が500万枚を記録。自身の歌と共に、その歌が主題歌となった映画にも出演。「天使の誘惑」「夕月」では主演に抜擢、売れっ子女優にもなった。また年末恒例のNHK紅白歌合戦では、1967年の第18回から1970年の第21回まで、4年連続で通算4回の出場を果たしている。

1970年代になると低迷するものの、1980年には「風の大地の子守唄」(映画『象物語』の主題歌)、「男はみんな華になれ」が久々のヒット。さらに、1983年には日活ロマンポルノ「女帝」にも出演する。

1993年には久々の新曲「すべてがさよならになる」を発売。現在では、舞台やショーを中心に歌手として活躍している。

1970年に東京サンケイホールで開かれた『リサイタル'70』などが2005年にCD化された。

2009年5月11日、実兄で作曲家の三木たかしが64歳で死去。同年1月13日、『NHK歌謡コンサート』で30年ぶりの兄妹共演を果たしてから、わずか4か月後の悲報だった。実兄の最期を看取る事は出来ず、「兄のギターで歌っていた幼い日々や、初めて兄の作品を吹き込みした時のことが、次々と甦ってきて今は言葉にできません。申し訳ありません」とFAXでコメント。その後、5月19日の通夜の席では「私は兄に褒められたくて一生懸命歌ってきた。兄には『私はこれからどうしたらよいのか教えてちょうだい』と言いたい」と終始大粒の涙を流しながら、悲痛な表情を浮かべていた。

本人によるサイト黛ジュンオフィシャルサイト

ユーチューブ検索黛ジュン


グーグル検索黛ジュン


ヤフー検索黛ジュン


ここに最新の芸能情報があります・・・
    ↓         ↓
  人気blog      fc2blog


「ジュンの世界 JUN&JUN」+「或る日のジュン」「ジュンの世界 JUN&JUN」+「或る日のジュン」
(2006/09/06)
黛ジュン三木たかし

商品詳細を見る



ゴールデン・ベスト: 黛ジュンゴールデン・ベスト: 黛ジュン
(2002/06/19)
黛ジュン

商品詳細を見る




リンク
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/201317f0d5e1d36d81cf758d574535a2/a9
http://yaplog.jp/ume2345/tb_ping/332
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/matsumotomusic/915219
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/9c6dd0971bc15baad6e65bfd598852d4/45
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/4914bed97e1afc26a6f9084631799d23/52

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/18(火) 01:03 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuumeijinblog.blog87.fc2.com/tb.php/247-035b77db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
美容整形
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。