有名人のブログを集めてみました。載せて欲しい有名人がおられましたらコメ欄に書いてくださいませ。早急に調べて載せたいと思います。応援の拍手、ありがとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAKUYAのブログ 「Takuya オフィシャルブログ」

TAKUYA

prof_takuya.jpg

TAKUYA(タクヤ、1971年9月9日 - )は、京都府京都市出身の日本のミュージシャン。 本名は、浅沼拓也あさぬまたくや)。血液型はO型。ユニバーサルミュージック所属。 現在はインディーズ活動と並行し、主に高橋瞳に楽曲提供を行っている。

元JUDY AND MARYのギタリスト。現在はソロ活動やプロデュース活動を行っており、ソロ活動の際にはTAKUYA名義とソロユニットのROBOTS(ロボッツ)名義を使い分けている。

スポーティーなイメージのギタリストで、そのギタープレイは独創性豊か。京都出身でも舞妓さんや芸妓さんの居る地区で育っており、「KYOTO」「イロトリドリノセカイ」「HOTARU」など、程よい色気がある女性的な曲がTAKUYAらしい特徴の一つ。

京都に数店舗ある喫茶店「あさぬま」は、TAKUYAの実家で経営している店舗。また四条にある「アサヌマ写真場」は叔父が経営している。
概要・来歴

小学校卒業後、父親の教育方針により当時全寮制だった長崎県の海星中学校へ単身入学(現在は全寮制ではない)。当時の先輩からギターを売ってもらったのがギターとの出会い。以来とりつかれたように弾き続け、先生に取り上げられても音楽室に忍び込んで奪い返すほどであった。中学3年で京都の公立中学へ編入。その後高校へ進学するも自主退学。

1989年、「Relish of Rose」というビジュアル系バンドでYAMAHA TEENS' MUSIC FESTIVAL に出場し、全国大会入賞(当時のボーカル加藤孝之赤P-MANは現在お笑い芸人としてオフィス北野所属で活躍中)。それがきっかけとなり加藤と共に音楽活動をすべく上京。バイトに励む。NHKの大道具としてバイトをしていた頃、大ファンだったデヴィッド・ボウイの影響でパントマイムを習う。

analersのヨウイチ率いるバンド・SKAFUNK(と書いてスカンクと読む。本来の表記はFにスラッシュが入っている)に途中から在籍するも解散。その後自身でROBOTSを結成してライブを中心に活動中、当時インディーズでCDをリリースしメジャーデビューに向けて準備中だったロックバンド・JUDY AND MARYへの加入を誘われる。自分以外のメンバーが揃っていた場でのオーディションで文句なしの一発合格を決めて加入、1993年ギタリストとして「POWER OF LOVE」でデビュー。

バンド中期以降はメインソングライターとして活動を支えた。2001年JUDY AND MARY解散。2002年ソロ活動を開始。現在はプロデュース活動とROBOTSでの活動を精力的に行っている。

またサッカーフリークとしても名を馳せ、自身では芸能人サッカーチーム「THEミイラ」に所属し、不定期ながらも試合に参加して活躍している他、『ORANGE SUNSHINE』には「special thanks to JUBILO」のクレジットが有るなどジュビロ磐田のファンとしても知られている。

また稲本潤一選手の大ファンで親交があり、稲本選手の後援会長でもある。尚、ヤマハスタジアムにあるサポーターズクラブメンバーズボードには10年以上会員の欄に「浅沼拓也」の名前がある。2008年には日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)ジェフユナイテッド市原・千葉レディースに所属しながら歌手活動も行う現役女子サッカー選手・石田美穂子(アーティストネームは「石田ミホコ」)のデビュー曲のプロデュースを行った。

現在は歌スタ!!の審査員として、不定期に出演している。

本人によるブログTakuya オフィシャルブログ

ユーチューブ検索TAKUYA

グーグル検索TAKUYA

ヤフー検索TAKUYA

ここには最新の芸能情報が・・・
    ↓         ↓
  人気blog      fc2blog

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuumeijinblog.blog87.fc2.com/tb.php/215-af16c468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
美容整形
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。