有名人のブログを集めてみました。載せて欲しい有名人がおられましたらコメ欄に書いてくださいませ。早急に調べて載せたいと思います。応援の拍手、ありがとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中川翔子のブログ 「しょこたん☆ぶろぐ」

中川翔子

 しょこたん 2 しょこたん 

 中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は日本の女性アイドル、マルチタレント(ブロガー、歌手、タレント、グラビアアイドル、漫画家、イラストレーター、女優)である。左利き。

父はミュージシャン・俳優の中川勝彦。座右の銘は「貪欲」。デビュー時の年齢(16歳)にちなみ、年齢は「16歳○○ヶ月」と自称している。
人物

歌、司会、グラビア・漫画・声優・ブログなど多方面での活躍を見せていることから、単なるアイドルやタレントではなくマルチタレントと分類される。特に普段の生活を報告している自身のブログ・「」しょこたん☆ぶろぐ」圧倒的な人気を誇り、書籍化もされている。圧倒的な人気を誇る理由としてはテレビやラジオでの親しみやすいキャラクターなども起因しているようである。

オタク方面に関する知識が深く、その領域も広い。これは中川が大槻ケンヂと対談の際「父の影響」だと述べている。中川勝彦は、当時5歳の翔子に「これを読まないと大人になれない」と言い、『ゲゲゲの鬼太郎』と楳図かずおの『赤んぼ少女』をいきなり全巻買って与えたりするようなホラーや怪獣好きの人物だったというエピソードもある。父親の教育の賜物からか、特に詳しいのは昔のアニメ、1980年代アイドルソング、及びレトロゲームなど。


本人によるブログ→しょこたん☆ぶろぐ

中川翔子 official website ~しょこ☆たいむ~
オフィシャルファンクラブ ギザぴんく!
ワタナベエンターテインメント・中川翔子

最新の芸能情報を調べるなら
    ↓         ↓
人気blogranking    fc2Blog

リンク
http://yaplog.jp/blogway/tb_ping/3941
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/6ddd5799173cdf904b0f94eb3a07a14a/1f
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211485/42629074

スポンサーサイト

上地雄輔のブログ 「神児遊助」

上地雄輔

 かみじ かみじ 2

上地 雄輔(かみじ ゆうすけ、1979年(昭和54年)4月18日 - )は、日本の俳優、タレント、歌手。歌手グループ「羞恥心」の「心」・アラジンのメンバー。神奈川県横須賀市出身。身長178cm、体重67kg。血液型O型。所属事務所はジャパン・ミュージックエンターテイメント、弟がいる。愛称は「ゆうちゃん」、「ゆうにい」「心君」(羞恥心の「心」より。)、「上地君」。


ブログ

始めは事務所に無理やりやらされていたが、やり始めると夢中になり、誕生日の際にはコメント数が5万件・アクセス数が1300万件を超えた。

携帯で撮って載せる写真が何とも魅力的であり、数々の名写真を生み出している。また、それに沿った文章も人を惹き付ける上地独特の不思議な世界観を醸し出しており、「上地ワールド」とも呼ばれている。

それに加え、自身のブログを「立ち飲み屋さん」とも言っているように、上地本人はブログ閲覧者との言葉のキャッチボールを何より大切にしている。だからこそ、閲覧者への応援や元気付けるメッセージに心打たれる人も少なくは無いという。

また、2008年2月6日に開催された『BLOG of the year 2007』では特別賞を受賞。このときは仕事の関係により授賞式には出席できず、ビデオメッセージを寄せた。その後、同年4月12日に上地のブログを閲覧したユニークユーザー(重複しない人)数が24時間換算で23万755人となり、同年6月4日に「世界で最も1日の閲覧ユニークユーザー数が多いブログ」としてギネス・ワールド・レコーズに認定された。



本人によるブログ→神児遊助


上地雄輔 - Wikipedia
上地雄輔 公式プロフィール

 最新の芸能情報を調べるなら
    ↓         ↓
人気blogranking    fc2Blog

リンク
http://blog.seesaa.jp/tb/107330064
http://app.blog.livedoor.jp/atirin/tb.cgi/51484479
http://newsgeinou1.jugem.jp/trackback/3629
美容整形
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。