有名人のブログを集めてみました。載せて欲しい有名人がおられましたらコメ欄に書いてくださいませ。早急に調べて載せたいと思います。応援の拍手、ありがとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日馬富士公平のブログ 「大関日馬富士ブログ「真っ向勝負!」

日馬富士公平

harumafuji.jpg aef7d691cabd2d63d5d9d20ed8e94ec2.jpg 


日馬富士 公平(はるまふじ こうへい、1984年4月14日 - )は、モンゴル国ウランバートル市出身(呼び出しでは父の出身地であるモンゴル・ゴビアルタイ出身となっている)で伊勢ヶ濱部屋(入門時は安治川部屋)所属の現役大相撲力士である。

本名:Даваанямын Бямбадорж(Davaanyam Byambadorj:ダワーニャム ビャンバドルジ)。2008年11月場所までの四股名は安馬(あま)。身長185cm、体重129kg。最高位は西大関(2009年5月場所)。得意手は突っ張り、右四つ、寄り、押し出し。インタビューの際の口癖は、「お客さんを喜ばせる激しい相撲をとりたい」。愛称はアマ。好きな言葉は「なんでやねん」。父はブフ(モンゴル相撲)の国家ザーン(大相撲での関脇に相当)。

エピソード

・趣味のひとつでもある絵画はセミプロの腕前。13歳頃から始め、美術の専門学校であるイレドゥチョボル高校在学中に個展を開いた。2005年9月場所9日目、NHK大相撲中継の中入りの時間帯で憧れの富士山を油絵で描く様子が紹介された。取材日前日までの台風の影響で少し雲がかかっていた富士山を見て「負けたり寂しいときに見る感じ」を表現したと言い、スタッフと相談して「孤高」というタイトルをつけた。次は「沖縄のきれいな海を描きたい」とのこと。

・解説の舞の海が、「『アマ』ではなく『プロ』ですな!」と感心した出来であった(同じ表現を舞の海は前述の豪栄道戦の相撲に対し、「(当時の)四股名は『アマ』ですが、これこそ『プロ』です!」と言い換えて用いていた)。

・2006年末に父親のダワーニャムと親族が交通事故により急死、次兄のラグバドルジも重傷を負った。この事故のため一旦帰国したが2007年1月場所出場のため同年1月6日に日本に戻り、悲しみを押し殺して場所を勤めた。その場所では10勝5敗と好成績で、翌場所三役に昇進した。同年3月場所からは、取組前の場内アナウンスの際読み上げられる出身地を父親の出身地であるゴビアルタイに変更した。

・尊敬する初代貴ノ花と同様、喫煙者である。2008年9月場所3日目の取り組み終了後に、2007年5月場所から禁煙となっている支度部屋で喫煙をしたと報道された。翌日の朝稽古で師匠である伊勢ヶ濱親方に厳重注意された。

・初代若乃花の花田勝治氏が相撲雑誌内で「注目している」と名を挙げる。また「現役時代の自分に似ている」とも話している。

・モンゴルでは同じ柔道クラブに所属、2004年3月場所でともに十両に昇進した時天空との対決は2005年から2006年前半にかけて毎回観客の期待するところとなっていた。また、モンゴルの先輩である朝青龍とは違う部屋でありながら場所中に何度も夜の街へ繰り出す程の仲である。2007年の朝青龍の出場停止処分のときはモンゴルに出迎えに行った。

・2009年5月場所で優勝した際、麻生太郎内閣総理大臣が自ら表彰式に参加したが、内閣総理大臣杯の授与を忘れかけた。また優勝インタビューでも土俵から降りるのを忘れかけ、インタビュアーの刈屋富士雄アナウンサーに促された。

本人によるブログ大関日馬富士ブログ「真っ向勝負!


伊勢ヶ濱部屋 - 伊勢ヶ濱部屋公式サイト
日馬富士 公平 - goo大相撲

ユーチューブ検索日馬富士公平


グーグル検索日馬富士公平


ヤフー検索日馬富士公平


ここに最新の芸能情報があります・・・
    ↓         ↓
  人気blog      fc2blog








トラックバック
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/1c52caed20
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/21836ab59144944a7c0232b30f6d1068/b9
http://blog.so-net.ne.jp/shinobu_n/2009-05-25-2/trackback
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/25d43f80add85d6be97bf8ac4f7cf064/3b
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10267972620/58c1f875
スポンサーサイト

堀江貴文のブログ 「六本木で働いていた元社長のアメブロ」

堀江貴文


trl0802221145004-p1.jpg 9cd7e7fb.jpg

堀江 貴文(ほりえ たかふみ、1972年10月29日 - )は、日本の実業家である。株式会社ライブドア(東証マザーズ:4753、2006年4月14日付で上場廃止)の元代表取締役社長CEO。福岡県八女市出身。血液型A型。愛称は「ホリエモン」。


生い立ち

1972年、平凡なサラリーマンの家庭に生まれる。久留米大学附設中学校・高等学校卒業。東京大学文学部宗教学・宗教史学専修課程中退。


会社設立

東京大学に入学後は、駒場寮の北寮へ入寮し、同部屋となった二人の先輩のうちの一人(後にオン・ザ・エッヂ(現・ライブドア)の設立メンバーの一人となる人物)から、塾講師のアルバイトを紹介される。アルバイト先の塾では、共同で会社を設立することとなるメンバー達と知り合うきっかけとなる。

在学中ウェブページ制作請負会社オン・ザ・エッヂを1997年に600万円で設立。その設立資金は当時の交際相手の父親により出資された。同社は、当時のインターネットが普及しはじめた黎明期に、いち早くホームページ制作・管理運営を行う会社として非常に注目され、レコード会社などの一流企業のサイト制作を請負いながら、急速に成長していった。2002年、経営破綻した旧ライブドア社より、営業権を取得した。

愛称

ホリエモンという愛称は元々ライブドア社内で使用されていたものであった。堀江社長のポケットからアイデアが沸いて出てくるという意味でつけられたという。この名称が一般メディアで取り上げられたのは、2004年、井上トシユキが『SPA!』に連載していた「エッジな人々」が最初であると思われる。

同年8月にライブドアのキャンペーンとしてインターネットで堀江の所有する競走馬のニックネームを募集したところ馬名がホリエモンに決定し、さらにこの名称の知名度を上げた。その後マスメディアがその名称を馬主である堀江の愛称としてニッポン放送買収を期に使い始めたため、一気に広まった。


本人によるブログ六本木で働いていた元社長のアメブロ


堀江被告の元担当弁護士のブログ
ライブドア

ユーチューブ検索堀江貴文

グーグル検索堀江貴文

ヤフー検索堀江貴文

ここには最新の芸能情報が・・・
    ↓         ↓
  人気blog      fc2blog

リンク
http://hiroseno.jugem.jp/trackback/494
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/62528842e0c09f1e8b1362cb53ffbdbd/4d

美容整形
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。